羽織と和装コート:カテゴリー

スポンサード リンク

和装コート衿の種類

和装コートの衿にはさまざまなものがあり、コートは丈だけでなく衿で個性を表現することもできます。道行衿といわれる小衿を四角く、額縁のような仕立てにしたものが一般的です。このほかに、洋服の衿をとり入れた千代田衿、同じく洋服の雰囲気のへちま衿、道行衿の角をとった都衿、子供物にも用いられブラウスの衿のような被布(ひふ)衿のほか、道中着に用いられる道中着衿、着物衿コートに用いられる(着物と同じ)広衿などがあります。道行衿以外の多くのコート衿は和服には珍しく、洋服と同じく型紙を作って衿を作り仕立てられます。千代田衿、へちま衿、都衿、被布衿以外の型紙を用いる珍しい衿もまとめてみました。衿ひとつでかなり違った印象のコートになりますので着物をさらに楽しむことができます。



道行衿
千代田衿
へちま衿
都衿
被布衿


道行衿 ・道行衿(みちゆきえり)
道行衿は衿のあきを四角にし、小衿を額縁のようにふちどった衿をいいます。道行衿は直線と直角の組合せから、お仕立てがとても難しいのですが、和装コート=道行コートと定着していて、コートの衿の中では、定番でもあることから礼装用のコートの多くは、道行衿を用い広く好まれています。
千代田衿 ・千代田衿(ちよだえり)
千代田衿は、大正時代中期に洋服の衿から和装コートに取り入れられたようで、そのことから直線立ちではないので、和裁にしては珍しく型紙を用いお仕立てします。胸の明き、衿の形は着る人の体型や好みによって調整しますが、お若い方は、衿幅を広めにとった方が胸元が美しく見えおすすめです。
・へちま衿
へちま衿は字のごとく、衿の形が植物のへちまに似ていることからその名がついたようです。へちま衿も千代田衿と同じように、洋服から取り入れられたもので、そのため直線断ちではないので型紙を用いお仕立てします。落ち着いた襟元の印象からか、年配の方に人気があります。
・都衿(みやこえり)
都衿は、道行衿の額縁の角部分に丸みをつけた衿の形をいいます。丸みがついていることから「丸衿」とよばれることもあり、都衿の衿は洋裁のように型紙を用い作られます。丸いカーブが美しく、少し違った印象をと思われる方に人気のようです。
・被布衿(ひふえり)
被布衿は、洋服のブラウスを思わせるような小振りのかわいらしい小衿がついています。その印象から若い方に向いている衿といえます。



大正衿
扇衿
木瓜衿
雲井衿
三日月衿


和装コートも豊富、京都きもの市場

羽裏・コート裏・肩裏

羽織の裏には羽裏、コートの裏にはコート裏を、また単衣仕立ての場合は肩裏を用います。

羽織の場合、脱ぐ機会は少ないかもしれませんがコート類は訪問時には必ず脱ぐことになり、畳んだり、預けたりと裏地は思った以上に目立ちます。手描きや型染めの友禅、更紗や絞り染、ぼかし染など、おしゃれな方、着物通の方はこれら裏地にこだわって選ばれます。色柄も重要ですが、実用面ではすべりの良い、脱ぎ着のしやすい羽二重や平綸子などの生地を用い、表地との調和を考えます。

羽裏やコート裏、肩裏も揃います京都きもの市場

コート丈・寸法

和装コート

コートの丈は、目的や好みによってさまざまな丈があります。

長コートといわれる対丈、防寒、礼装目的の9分丈コート、9分丈コートでは少し長いと感じる場合は8分丈コート、ふつうよりやや長めに7分丈コート。もっともポピュラーな半コートとよばれる6分丈コートなどがあります。

寸法は、袖丈は着物の袖丈から約0.8~1センチマイナス、裄は約0.8~1センチ足したものを用い、コート丈は一般的な半コートで身長の0.6から0.65を基準とし年齢や体型、生地、好みで加減しますが防寒、礼装、おしゃれなどの目的や好みなどで丈を決めます。背の低い方はコート丈で印象が違ってきますので特に注意しましょう。


 さまざまなコート丈 
6分丈
半コートは6分丈コートともいわれ和装コートの中で最も一般的な丈のコートです。着丈(長襦袢の丈)の0.6から0.65くらいを目安とし仕立てられます。太ももの辺りまでの長さで、他の丈と比べ短く軽快な印象でおしゃれコート、普段着用、街着用と身長や年齢に関係なく幅広く用いられています。下に羽織を着る場合は、コート丈に気をつける必要があります。着物の裾は45~50センチくらい見える長さです。
7分丈
7分丈コートは背が高い方などで半コート(6分丈コート)では短く感じる場合や半コートでは寒く感じるので防寒用として、他にセミフォーマルな装いになどの目的で用いられます。コート丈は着丈(長襦袢の丈)の0.7を目安とします。丈は膝くらいまでの長さで少しの長さの違いですが、半コートより落ち着いた印象になります。
8分丈
長コートでは長く感じたり、半コート(6分丈)コートでは防寒にならず、短く感じる場合などにフォーマル用、防寒などの目的で8分丈コートが用いられます。同様に少し長めの9分丈コートもあります。着丈の目安としては着丈(長襦袢の丈)の0.8くらいの長さを基準とします。膝頭がかくれるくらいの丈で、着物の裾が20~25センチ見える程度の長さのフォーマルな印象のコートです。
9分丈
長コートでは長く感じたり、半コート(6分丈)コートでは防寒にならず、短く感じる場合などにフォーマル用、防寒などの目的で9分丈コートが用いられます。着丈の目安としては着丈(長襦袢の丈)の0.9くらいの長さを基準とします。ふくらはぎあたりまでの丈で、着物の裾が10~5センチ見える程度の長さのフォーマルな印象のコートです。
対丈
長コートとは着丈(長襦袢の丈)に1~2センチ足した寸法、対丈で仕立てます。しかし着付けの仕方や帯の位置、体型などにより多少加減します。丈が短いと着物の裾が見えたり、また雨コートの場合、雨が着物にはねて意味を成しません、また丈が長いと草履や下駄に引っかかって歩きにくいこともあります。それに長コート、雨コートは着物と違い、内揚げがないので丈直しが難しいなどの点から着物、帯をした状態で着丈を決めることをおすすめします。雨コートは雨の日用に支度しますが、長コートはフォーマルな装い時や防寒用として用いられます。フォーマル用として仕立てる場合は、生地なども吟味する必要があります。紬で長コートで普段着にというのもしゃれていますし、加えて防水加工をすると雨コートにもなります。

和装コートのことなら、京都きもの市場

道中着(どうちゅうぎ)

道中着はおしゃれコートのひとつで、普段着などに気軽に羽織れるものとして用いられます。

衿は道行衿でなく、バチ衿風に裾に行くにしたがって広くなっています。着用時に背中心で二つに折り、自然に着物のように打ちあわせし、表地と共布の内紐と外紐(飾り紐など)を結び着用します。表地には縮緬や紬、好みの着尺地を用いて仕立てます。道中着は略式のコートですので礼装には用いません。手軽でおしゃれなコートとして人気があります。



雨コート

雨コート雨コートは雨や汚れから守り、着物をすっぽり包む対丈に仕立てます。

雨コートの生地としては、絹、木綿、化繊などが用いられますが、絹に雨をはじくよう防水加工した雨コート地が多く見かけられます。また紬や唐桟、着尺地など好みの生地を防水加工すれば、雨コートとして用いることができます。また雨コートにも夏用があり、紗などの透けた夏素材で6月頃ら9月上旬まで用いられます。形としては、着物をすっぽり包む、対丈の一部式と上下に分かれた二部式があります。雨コートには、番手が細い糸で織られた生地、着物に色移りしないもの、通気性が良くて乾きが早く、シワになりにくいものが適しているといえます。



蛇の目 ・生地
絹、木綿、化繊、着尺地など好みの生地に防水加工

・形
一部式
二部式

・夏用
6月頃から9月中旬
時雨下駄
・雨コートに適している生地
色落ちしないもの
通気性が良いもの
乾きが早いもの



晴着用・街着用のコート

晴着用のコートには、着物を引き立たせ衿元をスッキリ見せる、道行衿を用い生地や染の凝ったもの、絵羽コートなどがあります。

晴着の上にコートを着ると裾の模様しか見えませんので、そのステキな裾模様を生かさなければ、晴着のコートの意味がありません。一般的には、無地感覚のおとなしい雰囲気のもの、細工があっても刺繍やぼかし程度のものが合うように思います。逆に裾模様がおとなしい着物の場合は、絵羽コートや豪華な刺繍、手描き友禅など華やかなものもよく合います。

おしゃれコート

和装おしゃれコートおしゃれコートは防寒やちりよけをかねる場合もありますが、どちらかというとファッション性を重視したコートをさし、街着などに気軽に着るという感じのものです。

道中着をはじめとして、デザインにもこだわりなく洋服感覚に近いものもあります。また盛夏用のレース(画像)や絽、紗を用いたコートもおしゃれコートになります。


道行コート

道行コート 和装コートには、防寒用、ちりよけ用、おしゃれ用など目的に応じたものがありますが、最近ではそれらをすべて兼ねた道行コートを用いることが多いようです。

道行コートは、寒さを防ぎ、ちりや汚れから着物や帯を守り、保護してくれる実用面を兼ねていて、それでいておしゃれな和装コートと少々欲張りです。目的地までの道中に着るものなので、着物とはあまり関係がないと思われがちですが、特に正装や晴着の場合、それらの上に着るものですから着物の一部ととらえ、格や雰囲気、調和などを考え選びたいものです。

防寒コート

最近は暖房も普及し、昔ほど寒さもきつくないことからそれほど防寒用としての厚手の和装コートは寒冷地を除いては好まれないようです。しかし洋装コートと同じく軽量で暖かいカシミヤをはじめとして、革、毛皮、ベルベット(画像)などの高級品から、洋服地を用いて防寒用和装コートとされる方もあります。あくまでも着物の上に着る和装コート、和服のセンスで選びたいものです。最近ではそれらを用いた生地の厚さで防寒というより、コート丈によって寒さを調整される方が多いようです。


和装コートの種類

和装コート

和装コートは、目的、TPO(格)、コートの長さ(=丈)などで分けることができます。目的で分けると防寒用、ちりよけ用、おしゃれ用(街着用)、雨の日用など、TPOでは晴着の着物、街着、普段着などそれぞれ着物にふさわしい生地や柄ゆきなどがあります。またコートの長さは、長いものから順に対丈とよばれる長コート、9分コート、8分コート、7分コート、6分丈とよばれる半コートがあります。また着物と同じく、季節によって更衣をし、袷、単衣、うすものがあり、コートの衿の形にもさまざまなものがあります。


 和装コートの分類 
目的
TPO
コート丈
季節
防寒用晴着用長コート(対丈)袷コート
ちりよけ用街着用9分丈コート単衣コート
おしゃれ用普段着用8分丈コートうすものコート
雨の日用7分丈コート
半コート(6分丈)

羽織のマナー

羽織と和装コート羽織は和装コートと違い、基本的には室内でも着用してもよいとされています、しかし略礼装として羽織を着用している場合、親しい間柄の訪問時以外は脱ぐのが良いとされています。またお茶席などでは羽織は着用しません。

近年では特に羽織はおしゃれとしての要素が強くなっているようなので、、(略礼装時以外)室内に入った場合は、コートと同様に扱った方が無難なようです。ですから女性の羽織はあくまでも略式ということがいえます。また脱いだ羽織はハンガーなどに吊るさずに袖を合わせ、袖たたみにし風呂敷などに包んでおくのがスマートな扱いです。


羽織と着物

羽織と着物は、色もしくは柄で組み合わせしますが、色だけや配色だけでなく格や雰囲気などの面でのつり合いを考えることも大切です。

色で合わせる場合、濃淡だと無難な印象、淡色同士だと上品な印象、濃い色同士だと個性的な印象、同系色の濃淡だと洋服感覚で現代調の印象になります。また柄で合わせる場合は、着物と羽織を同じ柄にすると甲乙つけがたくなりますので組合せとしては好まれません。柄の大きさでは着物が大きな柄なら、羽織は小紋柄など、着物と羽織の柄の大きさを反対に組合せるとスッキリした印象になります。また着物と羽織の雰囲気を統一することもポイントで、古典柄の着物に現代風のモダンな羽織は合いません、古典柄の着物には古典柄の羽織、現代風の着物には現代風の羽織が合います。

羽織の紐選びも脇役ではありますが大切です。羽織との調和だけでなく、羽織を着用した時に帯幅の3分の1あたりの位置、帯締めと帯揚げの間に位置しますので、それら帯揚げ、帯締めとの調和を考え選びます。


羽織の丈・寸法

羽織の丈は身長の2分の1を基準にし、普通の羽織で身長の2分の1プラス2~4センチ、紋付羽織で身長の2分の1プラス4~6センチを目安とします。裄は着物の裄より0.5センチ(約1分)長くし、袖丈は着物の袖丈から1~2センチ(約2分~4分)短く仕立てます。羽織丈は年齢や体型、好み、材質、流行などにより多少加減します。羽織は格好ものなので丈は重要です。

 羽織の寸法(目安) 

羽織の丈
(普通羽織)身長×1/2 または 身長×1/2+2~4センチ
(紋付羽織)身長×1/2 または 身長×1/2+4~6センチ
羽織の裄
着物の裄+0.5センチ
羽織の袖丈
着物の袖丈−1~2センチ

夏羽織(なつばおり)

夏羽織は、着物のうすものといわれる生地で単衣仕立てにした羽織をいいます。絽や紗、紋紗、羅、レースなど涼しげな透けた素材を用います。初夏の6月、初秋の9月頃に着用します。暑い時期にもう一枚着るのですから、おしゃれもしくは改まった場面で着用されます。絽や紗の羽織に1つ紋、3つ紋を入れると略礼装となります。


単衣羽織(ひとえばおり)

単衣羽織は、袷羽織の生地に裏をつけず仕立てます。着用期間は4月中旬から5月頃までと9月下旬頃から10月頃までと着用期間がとても短かく、そのようなことから最近ではあまり見かけませんが、例外としてウール素材のものは単衣仕立てにすることが多く袷の時期、袷の着物の上に着用します。


袷羽織(あわせばおり)

袷羽織は、着物同様表地に羽裏をつけ袷仕立てにし、着物通の方は羽裏にこだわります。着用時期は、気候や地方により多少差がありますが11月ごろから4月半ばくらいまで、ウール素材のものも同じ扱いになります。袷羽織のほかに、単衣羽織、うすものの夏羽織があります。



茶羽織(ちゃばおり)

茶羽織は普通の羽織と違い、マチをつけず羽織と共布の紐をつけた羽織で丈を短く、衿幅も細くします。用布が少なくてすむことから手軽で簡単な羽織、普段着という位置づけにあります。普通の羽織は8~10メートルの羽尺地を用いますが、茶羽織なら着尺地の場合、12.5メートル(半反)でつくることができます。単衣仕立てにし手軽な羽織、普段着の羽織として用いられています。



小紋羽織(こもんばおり)

小紋の羽織は、江戸小紋をはじめ型染めの小紋を羽織にしたもので遠目には無地かと思うようなものから着物にあるような小紋柄まで柄ゆきはさまざまです。格調高い江戸小紋にあわせる羽織は染め抜き紋や縫い紋を1つ入れる場合があります。小紋羽織はTPOにとらわれることなく着用できる、手軽な羽織で街着にぴったりです。また気に入った着尺地から羽織と帯を作られる着物通の方もおられます。

絵羽織(えばおり)

絵羽織には、手描き友禅、絞り染、ろうけつ染、刺繍、縫い取り縮緬のぼかし染、小紋型染の絵羽風などさまざまな技法のものがあります。肩から裾にかけて模様のあるものや格式の高い文様の絵羽羽織は、慶事の略礼装として用いられます。その他柄ゆきが趣味的なものや絞りの絵羽羽織は、かしこまった席というより華やかさのある場面、お正月やご祝儀のお席や会食、観劇などに着用するのに向いています。絵羽羽織は、華やかでぜいたくな印象の羽織です。


色無地羽織(いろむじばおり)

柄のある小紋やお召しの着物に色無地の羽織を着ると、柄が重なることなくスッキリとまとまった印象になり、黒とは違った華やかさもあって着物、羽織それぞれが引き立ちます。改まった雰囲気とおしゃれにと着用範囲が広いのが魅力です。縮緬や綸子の生地で地紋のあるものを選び、最終的に黒に染めて黒羽織にできるのも和服のよいところです。


紋付黒羽織(もんつきくろばおり)

紋付黒羽織には、黒地の羽織に1つ紋と3つ紋をつけたものがあります。小紋やお召しなどの着物の上に羽織ると略礼装となりとても便利です。しかし女物の羽織は男物の羽織と違い略礼装になり、女性の礼装はあくまでも帯つき姿なので、留袖、色留袖、訪問着、色無地、つけ下げなどの着物には羽織は着用しません。綸子や縮緬など地紋のある生地に1つ紋もしくは3つ紋をいれ、入園式、入学式、卒園式、卒業式などの学校行事、改まった訪問やご挨拶、法事などに着ていくことができます。また幾何学模様や雲、波、唐草などの地紋を選ばれると慶弔両方に着用でき便利です。一般的には、3つ紋より1つ紋の方が着用範囲が広く、重宝します。


羽織の種類

羽織姿は最近あまり見かけなくなりましたが、羽織は帯つきと違った魅力があり、簡単に脱ぎ着ができおしゃれでいてとても便利です。羽織は和装コートと違い、(お茶席を除いては)室内でもそのまま羽織っていても良いとされていますが、最近では羽織はおしゃれの要素が強く、略礼装の羽織や親しい間柄の訪問時などを除いては脱いだほうが無難なようです。また女物の羽織は男物の羽織と違い、正礼装、略礼装の着物には着用しません。羽織の種類としては、紋付羽織、絵羽の羽織、無地の羽織、小紋の羽織などがあります。紋付羽織と絵羽の羽織は小紋やお召しなどの着物に羽織ると略礼装となり便利です。羽織には、防寒用だけでなくおしゃれやちりよけという意味もあります。羽織の衿は、寝かしたような状態で、わざと外側に折った仕立てになっていますので衿を立てずにそのまま着用します。

・種類で分類
紋付黒羽織(1つ紋・3つ紋)
色無地の紋付羽織(1つ紋・縫い紋)
絵羽の羽織
その他の羽織(小紋の羽織・紬、ウールの羽織・茶羽織)

・生地や技法で分類
紋綸子、綸子
縫取縮緬、縮緬
絞りなど

・季節で分類
袷羽織
単衣羽織
夏羽織

スポンサード リンク

フィード