帯の技法:カテゴリー

スポンサード リンク

博多織

博多織は九州の福岡県博多で織られた絹織物です。男帯である角帯の博多献上、女帯では単帯、献上博多帯があります。仏具の一種である独鈷(とっこ)が並んだ、独鈷模様が特徴で、着付け小物の伊達締めなどにも用いられています。博多では袋名古屋帯も生産されています。

すくい

すくいは、木製の舟形をした織機用具の杼(ひ)に緯(よこ)糸を通して、経糸をすくいながら下絵の模様に織っていく技法で、綴織に近いものです。とても細かな作業で、根気がいる仕事だそうです。表と裏はありますが、両面使うことができます。多くのすくいの帯は紬糸で織られた、しゃれ帯です。

刺繍

●刺繍
刺繍は糸で模様を表現するので立体的で、とても豪華な印象になります。刺繍をする帯地としては、斜子(ななこ)織、繻子(しゅす)織、紋織、綴、金箔・銀箔の無地などを用い、手刺繍や機械刺繍の加工がなされます。技法では糸の光沢を活かした「すが縫」、糸に結び目を作り点によって模様を表現する「さがら縫い」が多く用いられています。中国の蘇州(そしゅう)刺繍なども有名です。

箔使い

●箔使い
丸帯、袋帯、名古屋帯などの帯に、金箔や銀箔などを細く切り糸状にしたものを、芯糸に巻きつけて撚り、竹のへらの先に引っ掛け、一本一本、模様になるよう織り込んでいきます。色糸と金箔で模様を織り出した、箔一丁も光沢が素晴らしい帯で、豪華なプラチナ箔のものや喪の帯などもあります。

綴織

綴織(つづれおり)は、綴錦(つづれにしき)ともよばれ、一般に経糸に麻や木綿などの丈夫な糸を用い、緯糸に色糸を使い、この色糸だけで模様を織り出します。その際爪先をくし代わりにするので、爪をくしの歯のようにし、糸を手前にかき寄せ模様を織り上げていきます。その作業は熟練した人でも一日数センチといいますから、大変な作業です。織り上がった時には、経糸は見えません。
綴れは、機械織と区別するため手織りの綴れは本綴とよばれます。絽綴は夏物の帯です。

唐織

唐織は錦の一種で、中国(=唐)の技法を取り入れ西陣で織りはじめられたところからその名がついたようです。綾織地の上にさまざまな色糸を縫い取りで柄を織り出していき、刺繍と同じ構成のため繍(ぬいとり)織ともいわれます。特徴としては、帯の表側は模様になっている部分の緯糸以外は見えず、模様以外の緯糸はすべて裏側に通しています。丸帯、袋帯、能装束の衣装などに用いられます。とても豪華で高価な織物です。


錦とは、いろいろな色糸を何色も使って模様を織り出した織物のことをいいます。技法上では、経(たていと)糸で模様を出す経錦(たてにしき)と緯糸(よこいと)で模様を出す緯錦(ぬきにしき)に分けられます。錦の歴史は古く、緯錦の法隆寺裂(ほうりゅうじぎれ)や正倉院裂などが残っています。また有栖川錦や蜀江(しょっこう)錦などの名物裂もあります。

現在錦というと糸錦をさしていて、多くは京都西陣で生産されています。錦地の帯には豪華な振袖用の袋帯、礼装用の高級袋帯などがあります。また帯地以外にも袋物、法衣地、人形衣装、舞台衣装、表具地などさまざまなところで用いられています。


スポンサード リンク

フィード