留袖の紋変更はできますか

留袖の紋入れ替え

Q.こんにちわ。
留袖の染家紋を一般的な桐紋に変えることは可能でしょうか?
(T様)


留袖貼り付け紋

着物倶楽部管理人です。
ご質問ありがとうございます。

お持ちの留袖の着物の紋を一般的な桐紋というと「五三の桐」でしょうか?
紋を変更されたいとのことですが、
・染め抜き紋として入れ直したいのか(※1)
・一時的に変更されたいのか(※2)
がご質問内容から判断できないのですが、一意見として回答させていただきます。

留袖の紋は、お仕立て前は紋を入れることが分かっているので、あらかじめ紋部分に石持(こくもち)という白丸が入った状態できもの屋さんに並んでいます。その後、お客さんの家紋を染め抜き紋で入れるという流れとなります。

T様の場合は、すでに入っている家紋を変えるということなので
「染め抜き紋」を入れ直す場合(※1)、紋部分の箇所にさらに加工するということになります。 問題は着物の生地の耐久性です。(生地の元々の品質<厚みなど>や経年)
要するに「紋加工することに着物生地が耐えられるか?」ということです。
ですので、その判断は紋加工をされる着物屋さんもしくは悉皆屋さん(紋加工をお願いする業者さん)の現物(お着物)を見てからの判断になります。

また、一時的な紋変更(※2)の場合には、簡易的ではありますが「はりつけ紋(貼り紋・張付紋)」というシール状の紋を貼りつけるという方法があります。(アップリケのようなイメージです。)
※紋は女紋、男紋がありますので貼り付け紋をご購入の際はご注意ください。

紋部分は素人が触ると汚れる恐れがあり修復できないので、一度着物屋さんにご相談されるのがよろしいかと思います。

(2012.9.18)

フィード