きものの収納・管理

着物収納衣裳箱着物や帯はたたむ形が決まっているので、洋服に比べ収納が楽です。着物や帯は折り目正しく、不必要な折り目などを入れずに決まった形に畳み、金糸や銀糸刺繍など細工のあるものは薄紙を当て保護し、たとう紙(右下図)や布に包んでしまいます。また着物や帯をたくさんのせるとそれが重しになってあたりなどができ、せっかくの着物がひかってしまいますので注意しましょう。(写真提供:桐たんす 相徳)



収納時には、種類、材質、季節、用途などで分けると整理がしやすく、着る時に慌てずにすみ、また防虫や防湿の点でも便利です。また害虫予防として防虫剤を用いますが、2種類の防虫剤を入れると化学反応を起こし、水分が発生したりして着物や帯のシミや変色の原因になります。防虫剤の種類を混ぜないよう注意し、防虫剤は容器の上部に置きます。



桐箪笥

収納容器には、昔ながらの桐箪笥(きりたんす)が優れています。桐タンスは湿気が高いと木目がつまり、空気が乾燥すると自然に木目がひらき、中に入っている大切な着物や帯を守ってくれます。「桐たんすは・・・。」とおっしゃる方は、桐製の衣装ケースや茶箱などで代用されるのも良いでしょう。


フィード