桐タンスの特長

桐たんす和ダンスとよばれる「桐タンス」。その桐たんすに用いられている材質「桐」は、軽量で湿気や乾燥によるゆがみが少なく強度もあり、水湿を遮断するという特長をもっています。また桐は燃えにくい特長も合わせ持っていて、実際の火事などでは発火が遅く、桐表面は水に敏感に反応し表面温度が低下します。このため桐タンスの表面は炭化しても内部まで火が進みにくいです。昔から「着物をしまうには、桐タンス」というわれるわけがこれら桐の特長からご理解いただけると思います。




フィード