袋帯のたたみ方・大き目

●袋帯のたたみ方(大きめ・総丈1/6の大きさ)
(注意)
帯に一旦不必要な折り目を入れると折り目はとれません。
(お太鼓や胴の柄にあたる部分は、特に注意しましょう。)
また美しく着付できません。
お仕立て時についてある「折り目」を基本にし、たとう紙の大きさを考えたたみます。

袋帯のたたみ方1 1.外表にして(柄のあるほうが表)、総丈を二つ折りにします。右側3分の1の位置で、中心に向かって内側に折ります。
袋帯のたたみ方2 2.たたむ時は、端をきちんと揃えます。
袋帯のたたみ方3 3.左側も(右同様に)たれ先を上にして、中央に向かって折り重ね、たとう紙に収納します。

小紋から訪問着、袋帯までお手頃価格で揃います、京都きもの市場
フィード