日本の伝統色・赤

伝統色の牡丹(ぼたん)
牡丹(ぼたん)
牡丹はの花を思わせるような、鮮やかな赤紫。


伝統色の躑躅色(つつじいろ)
躑躅色(つつじいろ)
赤い躑躅の花のような色で、強い調子の紫みがかった赤色。


伝統色の紅色(くれないいろ)
紅色(くれないいろ)
アザミに似たキク科の植物紅花で染めた色を「くれない」とよ読んでいましたが、近年では「紅(べに)」とよぶことが多いようです、紫がかった濃い紅色。


伝統色の緋色(ひいろ)緋色(ひいろ)
「緋」とは「火」という意味があり、茜(あかね)や紅で染めた黄色をおびた赤い色で「あけいろ」とよぶこともあります。他に赤味の強い、紅緋(べにひ)や茜に紫草を加えて黒紫みをもたせた濃い緋の色、深緋(ふかひ)などもあります。


伝統色の猩々緋(しょうじょうひ)猩々緋(しょうじょうひ)
中国で想像上の(猿に似た)獣、猩々から色の名があり、その獣の血はもっとも赤いといわれていることから、黄味を帯びた赤で、紅や緋よりも冴えた鮮やかな赤をいいます。


伝統色の朱色(しゅいろ)
朱色(しゅいろ)
朱は顔料の名で、寺院の建造物や漆器などにみられる黄味がかった赤色をいい、紅や緋より黄味がかった色、バーミリオン。


伝統色の辰砂色(しんしゃいろ)
辰砂色(しんしゃいろ)
天然赤色顔料「辰砂(しんさ)」からこの色の名があり、 「真朱」ともよばれます。シナバー。


伝統色の蘇芳色(すおういろ)
蘇芳色(すおういろ)
インドのマレー原産、マメ科の植物で木の部分を煎じて染料として用い灰汁媒染で染め出した色で、紫に次いで高貴な色とされていました、濃く渋い紫がかった赤。


伝統色の葡萄色(えびいろ)
葡萄色(えびいろ)
紫紺の根で染めた、山葡萄の実が熟れた皮のような鈍い赤紫色をいい、ぶどういろとも読みます。また茶系の葡萄茶(えびちゃ)などもあります。


伝統色の茜色(あかねいろ)
茜色(あかねいろ)
茜草の根からとれる染料で染めた色で、日本で早くから用いられた赤色といわれています。朱がかった赤色。


伝統色の臙脂色(えんじいろ)臙脂色(えんじいろ)
臙脂の名の由来は、臙脂山で栽培されていた紅花の色という説や「コチニール」という虫から採取した赤色という説の2つがあるようです、紫がかった赤色、クリムソン。


伝統色の桧皮色(ひわだいろ)
桧皮色(ひわだいろ)
桧の皮の色に似ていることからこの名があるようで、暗く赤みのある茶色。


伝統色の栗色(くりいろ)
栗色(くりいろ)
栗の実の皮の色からこの名があります、濃い赤みがかった茶色。


伝統色の小豆色(あずきいろ)
小豆色(あずきいろ)
赤小豆のような色で、紫みのくすんだ赤色。


伝統色の退紅(たいこう)
退紅(たいこう)
下染めの黄色が残っている褪せた紅色。


伝統色の薄紅(うすくれない)
薄紅(うすくれない)
紅染めの薄い色。


伝統色の撫子色(なでしこ)
撫子色(なでしこ)
植物の撫子に似たやわらかい色で、淡い紅染めによる色でやや紫がかった色。


伝統色の今様(いまよう)
今様(いまよう)
平安時代に用いられ、流行した紅花で染めた色で、紫みの赤。


伝統色の紅梅色(こうばい)
紅梅色(こうばい)
紅梅の花からこの色の名があります、ローズ。


伝統色の薄紅梅(うすこうばい)
薄紅梅(うすこうばい)
紅梅色を薄くした色。


伝統色の桜色(さくらいろ)
桜色(さくらいろ)
桜の花のような春らしい色。


伝統色の一斤染(いっこんぞめ)
一斤染(いっこんぞめ)
紅花一斤(=600g)で絹一疋(=和服地二反)を染めた色というところからこの色の名があり、薄い紫みの赤。桜色より少し濃い色。


伝統色の鴇色(ときいろ)鴇色(ときいろ)
天然記念物の鴇の羽毛の一部の色が、淡い紅色であることからその名があり、着物でピンクというと鴇色をさすことが多いようです。ごく薄い淡い紅色でピンク系の色の中では少し黄みを帯びた色。


伝統色の曙色(あけぼのいろ)
曙色(あけぼのいろ)
夜明けの頃を曙といいその時の空の色から色の名があるようで、浅い黄赤色をいいます、「東雲色(しののめいろ)」ともよばれます。


伝統色の珊瑚色(さんごいろ)
珊瑚色(さんごいろ)
珊瑚の色からきた色の名で、やや黄味がかったピンク色。


伝統色の灰桜(はいざくら)
灰桜(はいざくら)
やや鼠がかった明るい桜色をいいます。
フィード