日本の伝統色・橙


宍色(しんいろ)
宍とは、肉の意味で、肌色のことをさしています。



洗朱(あらいしゅ)
朱色を洗ったような色で、黄味がかった淡い朱色。



狐色(きつねいろ)
狐の背色に似た黄褐色。



樺色(かばいろ)
山桜の一種、樺桜の樹皮に見られる濃い赤茶色。「蒲色」とも書きます。



代赭色(たいしゃいろ)
中国の山東省の代州産の赤土の赭が、良質で有名だったことから地名の「代」と赤土の「赭」をとり、この色の名がついたといわれています。暗くくすんだ黄赤色。



柑子色:こうじいろ
柑子とは橘のことをいい、その実が柑子蜜柑でその実のような明るい黄橙色。柑子色はまた、「萱草色(かんぞういろ)」ともよばれます。



蘇比色(そひいろ)
茜と灰汁による明るい赤橙色で、本緋より薄いものをいいます。



赤朽葉(あかくちば)
朽葉とは秋になって落葉し朽ちていく葉の色をいいます、赤朽葉は紅葉しはじめたもみじのような色。また黄色がかった朽葉色を黄朽葉といいます。


橙色(だいだいいろ)
ミカン科の橙の実のような色で、赤味がかった黄色。また橙は、冬になって熟しても落ちず、夏に再び緑色をおびるので「代々栄える」といわれ、縁起がよいことからお正月のお飾りに用いられます。



柿色(かきいろ)
柿の実の熟した表皮の色のような色で、柿渋を染料とした茶色がかった橙色。



鉛丹(えんたん)
酸化鉛が主原料の顔料、鉛丹のような色で、灰色がかった赤褐色。



丹色(にいろ)
丹とは赤い色を意味します。朱色より茶色がかった色。
フィード