日本の伝統色・黄


山吹(やまぶき)
山吹の花の色のように、明るい赤みがかった黄色。「黄金色」ともいわれます。


鬱金(うこん)
鬱金は生姜科の多年生草本の地下茎で、鬱金色はこの植物染料を用いて染められた赤味がかった黄色で、また鬱金には、防虫力や皮膚病にかかりにくい作用があることから昔は肌着などに用いられ、現在でもたとう紙をはじめとしてウコン染めの着物や風呂敷等をタンスに入れるなど天然の虫除けとして用いられています。



梔子色(くちなしいろ)
夏に白い花を、秋に実をつける梔子の実で染めた濃い黄色をいい、梔子の実は口があかないことから、不言色(いわぬいろ)ともいわれます。



黄蘗(きはだ)
山地に自生するミカン科の落葉樹「黄蘗」の樹皮を染料として染めた色で、青味がかった黄色です。「きはだ」の他、「きわだ」「おうばく」とも読みます。


刈安(かりやす)
刈安はイネ科の多年草、刈安の茎や葉を乾燥させたもので染めた色をいい、黄八丈を染める植物染料でも有名です。鮮やかな黄色であることから、カナリヤ色ともよばれます。


菜の花色(なのはないろ)
明るい赤みがかった黄色で、山吹色ともいわれます。 春の花の代表である、菜の花の色からきた色名で、青味がかった黄色を言います。菜の花らしい明るくさわやかな黄色。



黄土色(おうどいろ)
黄土は鉄分を含んだ赤い土より精錬された顔料のことで、多くは日本画に用いられていました。黄土色はこの顔料のような黄褐色をいいます。



雄黄色(ゆうおういろ)
鶏冠石といわれる、漢方薬でもある雄黄のような色。くすんだ赤味がかった黄色。



雌黄色(しおういろ)
雄黄に近い色ですが、雄黄に比べ、赤味がやや弱い黄色をいいます。「藤黄(しおう)」ともいわれます。



玉子色(たまごいろ)
鶏卵の玉子の意味で、ゆで卵の黄身のような淡く白っぽい黄色。



鳥の子色(とりのこいろ)
鳥の子とは、日本画に用いる上質な和紙の色の意味で、淡いクリーム色を指します。鶏卵の殻の色のような色。



練色(ねりいろ)
生絹を漂白する前の練糸のごく薄い黄色のような色、オフホワイト。



桑染色(くわぞめ)
桑の根や皮を染め出した淡い黄褐色。



空五倍子色(うつぶしいろ)
栗や櫟(くぬぎ)などの煮汁で染められる、鼠色がかった黄褐色。
フィード