日本の伝統色・緑


黄緑(きみどり)
黄色がかった緑色。


鶸色(ひわいろ)
鶸という鳥の羽のような色からその名があります。鶸色には、赤味がかかったものを鶸茶色(ひわちゃいろ)、青味がかかったものを鶸萌黄色(ひわもえぎいろ)などがあります。黄色がかった明るい黄緑色。


若草色(わかくさいろ)
春の野山に見られる草木の若葉の色を意味しています。 鮮やかな黄みの緑色で、藍と刈安とで表現されます。伝統色名で「若」の文字は若草のほか、若緑、若竹、若藤、若葉など鮮やかな色目に用いられています。萌黄よりやや濃い黄緑色で、若菜色(わかないろ)ともよばれます。


萌葱(もえぎ)
木の葉や葱が萌えだした色ということから、萌木、また萌黄とも書くことがあります。黄緑色を意味しています。萌葱(緑がかっている)<若草色<萌黄 (黄色がかっている)。染料が十分になかった時代には、黄蘗(きわだ)と藍やイネ科の刈安と藍を混ぜて染めたといわれています。やわらかな黄緑色。



草色(くさいろ)
草の色のように濃い黄緑色。



苔色(こけいろ)
苔の色のような濃い黄緑色。モスグリーン。



海松(みる)
岩の岩石に着生する海草の一種、海松(みる)からその名があります。暗い灰黄緑色。オリーブ色。



鶯色(うぐいすいろ)
鶯の羽の色のような色。茶色がかった暗い黄緑色。



柳色(やなぎいろ)
柳の若葉のような色、はんなりした黄緑色。



抹茶色(まっちゃいろ)
茶道で用いる抹茶のような、やわらかな黄緑色。



山鳩色(やまばといろ)
野生の山鳩の羽のような色、灰色がかった緑色。



緑色(みどりいろ)
樹木の深い緑色。



常盤色(ときわいろ)
常磐松の緑を意味しています。また千歳緑(ちとせみどり)ともよばれ、吉祥的な意味を持ち、おめでたいことからこちらの表現を使うことがあります。濃い緑色。



木賊(とくさ)
木賊は、植物のシダの一種で、刀を研ぐ際に用いられたことから、砥草(とくさ)とも書きます。木賊の茎の色、暗い緑色。



青竹色(あおだけいろ)
成長した竹、青竹の肌のような色で、青みがかった緑色。



深緑色(ふかみどりいろ)
深く濃い緑色。



浅緑(あさみどり)
せんりょくと音読みすることもあります。浅く、薄い緑色。



緑青(ろくしょう)
奈良時代に中国から伝来した青緑色の顔料の名からこの色の名がついたようです。「銅青」「石緑」といわれることもあります。



白緑(びゃくろく)
緑青に白を加えたような淡い色。


青磁色(せいじいろ)
青緑系の釉薬をかけた磁器、青磁の表面の色に由来した色の名で、青磁の色は黄みをおびたものから青みをおびたものまでたくさん種類がありますが、一般的には青みがかった緑色をさします。
フィード