着物のたたみ方・本だたみ

着物のたたみ方・本だたみ
着物をたとう紙などに入れてしまう、長着(着物)の一般的、基本的なたたみ方です。
丈は二つ折り、三つ折りなどたとう紙や収納場所に合わせ調節して下さい。

着物本だたみ1 1.衿を左にし広げます。次に下前(右)の脇を縫い目できっちりと折ります。
着物本だたみ2 2.下前の衽(おくみ)の縫い目を目安にして手前に折り返します。
着物本だたみ3 ※衿は内側に自然に折ります。
着物本だたみ4 3.上前(左)衽を下前(右)の衽の上に重ねます。
着物本だたみ5 4.上前(左)脇の縫い目を下前(右)脇の縫い目に重ねます。背縫いで折ったよう形になります。
着物本だたみ6 5.左右の袖をそれぞれ、袖付けの縫い目で外側、身頃に向かって折り返します。
着物本だたみ7 7.丈を半分にします。丈はたとう紙や収納場所に合わせ調節して下さい。
※袖の折り方はその他、左右両袖を重ねて折る方法などがあります。

きもののことなら、京都きもの市場
フィード