着物のたたみ方・夜具だたみ

着物のたたみ方・夜着だたみ(「大名だたみ」ともいわれます)
夜着だたみは大きくたたむので、シワがつきにくくなります。
着付け前や着物を準備しておく場合など、一時的な目的で用いられます。
(撮影では、付け下げの着物を使用しています。夜着だたみは留袖等で用いられることが多いため、5つ紋がある場合を想定して紋に紙を当て説明しています。)

着物夜具だたみ1 1.衿肩明を左にして、着物を広げます。
着物夜具だたみ2 2.衿を自然に内側に折りたたみ、脇の縫い目で下前(右)、上前(左)の順にたたみます。
着物夜具だたみ3 3.袖つけの縫い目で下前の袖(右袖)、上前の袖(左袖)の順に折ります。袖が身頃の上にきます。
着物夜具だたみ4 4.紋や箔、刺繍の位置には薄紙や和紙、紋紙などを当て、丁寧に扱います。
着物夜具だたみ5 5.裾を肩山にあわせ、身頃を半分に折りたたみます。
着物夜具だたみ6 ※裾は肩山より少し出し加減にします。
着物夜具だたみ7 6.後ろ身頃の柄にも薄紙や和紙を当て、丁寧に扱います。
着物夜具だたみ8 7.さらに丈を半分に折ります
身頃のたたみシワが気になる場合は、芯になるもの(芯棒など)を間にはさんでおくと良いです。
着物夜具だたみ9 ※芯に印刷があるもの等は、着物に汚れがつかないよう気をつけて下さい。

きもののことなら、京都きもの市場
フィード