長襦袢のたたみ方

●長襦袢のたたみ方
長襦袢をたとう紙などに入れてしまうたたみ方です。
また、肌襦袢も同じようにたたみます。

長襦袢のたたみ方1 1.衿を左にし広げます。下前を脇の縫い目できちんとたたみます。
長襦袢のたたみ方2 2.上前も下前と同じように脇の縫い目できちんとたたみます。
長襦袢のたたみ方3 3.衿を折る場合は、自然に内側へ折り整えます。
長襦袢のたたみ方4 4.背縫いを目安にして、下前の脇を中心に向かってたたみます。次に袖(袖口)は脇の折り目に向かって折ります。
長襦袢のたたみ方5 5.上前も4と同じように、中心に向かってたたみ、袖も同様にします。(上前、下前の脇線が中心で合います。)
長襦袢のたたみ方6 6.裾を肩山に向かって、たとう紙に合わせ折ります。(背縫いが中心にきています)たとう紙などに収納します。写真は二つ折りにしました。

長襦袢から訪問着、帯までお手頃価格で揃います、京都きもの市場
フィード