名古屋帯のたたみ方(簡易)

●名古屋帯のたたみ方(簡易たたみ)
簡単な上、かさばらないたたみ方で着付や踊り、お茶のお稽古の行き来などの帯の持ち運びに便利な簡易的なたたみ方で、お太鼓や胴の部分に柄のない帯に適しています。(お断り:写真は「お太鼓柄の名古屋帯」を便宜上用いていますが、お太鼓柄の帯や特に箔や刺繍のある帯には、不必要な折り目がつくことがありますので用いないで下さい。)

名古屋帯の簡易たたみ1 1.たれを左にしておき、胴回りと太鼓の縫いどまりの位置で三角に折ります。
名古屋帯の簡易たたみ2 2.帯幅に合わせ、ての部分を屏風だたみで重ねていきます
名古屋帯の簡易たたみ3 (「屏風だたみ」にした状態-横から見たところ)
名古屋帯の簡易たたみ4 3.手を重ねた(屏風だたみの)部分を芯にして、たれの部分を巻いていきます。
名古屋帯の簡易たたみ5 (巻いている状態)
名古屋帯の簡易たたみ6 4.最後は形がつかないよう、たれ先だけ反対側に折り返します。
名古屋帯の簡易たたみ7 5.持ち運ぶ時は、風呂敷などに包んでください。

小紋から訪問着、名古屋帯までお手頃価格で揃います、京都きもの市場
フィード