袋名古屋帯のたたみ方

●袋名古屋帯のたたみ方(てが縫ってある場合)
※「手の部分が縫っていない袋名古屋帯」の仕立ての場合は、「袋帯」と同じたたみ方をします。
(注意)
帯に一旦不必要な折り目を入れると折り目はとれません。
(お太鼓や胴の柄にあたる部分は、特に注意しましょう。)
また美しく着付できません。
お仕立て時についてある「折り目」を基本にし、たとう紙の大きさを考えたたみます。

袋名古屋帯のたたみ方1 1.外表にして(柄のある方が表)前後の柄がほぼ同じ位置にくるように合わせます。
袋名古屋帯のたたみ方2 2.たれ先(左)に合わせて折り返し、手の部分(右)も帯幅に合わせ折り返します。
袋名古屋帯のたたみ方3 3.お太鼓および前の柄に折り目がつかないよう注意し、左右内側に折り返します。たとう紙に合わせ長さを調節して下さい。
袋名古屋帯のたたみ方4 4.表に返し、たとう紙に収納します。

長襦袢から訪問着、袋名古屋帯までお手頃価格で揃います、京都きもの市場
フィード