日本の伝統色・青


日本の伝統色での青色の多くは、古来より知られた植物染料の「藍」を用いて染められます。藍染めの特長は薄い色ほど「緑」がかり、濃い色ほど「紫」がかっていきます。藍染めでの青色は一般的に、薄い色から「浅葱」「縹」「藍」「紺」とよばれます。また淡い藍色についても一般的に、やや緑がかったものを水色、紫がかったものを空色と区別するようです。


青緑(あおみどり)
緑がかった青色。



新橋色(しんばしいろ)
明治末期から大正にかけ、東京新橋の芸者の間で好まれ流行したことからこの名がついたようです。鮮やかな緑がかった青色。


浅葱色(あさぎいろ)
青味がかって見える葱の色からその名があるようで、浅黄色とも書きます。また藍染めの浅い段階の色で葱の色に似ているからともいわれています。やや黄味がかった明るい青緑。浅葱色には、濃浅葱色、中浅葱色、淡浅葱色(=水浅黄色)などたくさんの種類があります。



水浅葱(みずあさぎ)
水浅葱は薄い浅葱という意味で、瓶覗より一段階濃い青色で「浅葱色」より薄く、水色がかった青色。



水色(みずいろ)
水の色を意味し、「水浅葱」をやや淡く藍がからせた青色。



瓶覗色(かめのぞき)
藍甕(あいがめ)に少し浸けた、覗いた程度に少し染めたという意味からこの名があるようです。緑がかった淡い藍色。



青色(あおいろ)
青色


縹色(はなだいろ)
藍染で納戸より濃く、紺より薄い色が縹色とされ、花田・花色とも書かれます。藍と黄蘗(きはだ)を用いる染めを「藍」、藍だけの染めを「縹」と区別するようです。赤味がかった深い青色。


露草(つゆくさ)
夏に咲く青い花「露草」の汁を染料とした青色。この露草の汁は、水につけると消える特長があるので友禅染の下書きにも用いられます。縹色も花色とよばれますが、露草色もまた花色とよばれます。



藍色(あい)
藍を用いた藍染めの代表的な色。藍、単一での染ではなく、藍の青と黄蘗(きはだ)の黄を用いる染めを「藍」といいます。緑がかった青色。



搗色(かちいろ)
藍で染めた紺をさらに藍を掛けて染めた、赤みがかった黒に近い濃い藍色。「かちんいろ」ともよばれます。


納戸色(なんどいろ)
納戸色とユニークな色名ですが、納戸に掛けられた幕の色や納戸に出入りした役人の服の色というところから名がついた説があります。鼠色がかった藍色、暗い青色。


紺色(こんいろ)
藍染めでもっとも濃い、藍色。丹念に染められた紺を上紺(じょうこん)や正紺(しょうこん)といい、天然の蓼藍だけを用いて染めるものを正藍染といいます。また藍染めを専門に取扱う業者を紺屋(こうや)といいます。



紺青(こんじょう)
群青と同じ成分の顔料で染め出される色で、紫がかった青色。 群青より一段と濃い青色。



鉄紺(てつこん)
鉄色と紺色の中間色で、緑がかった濃い藍色



茄子紺(なすこん)
夏野菜の「茄子」の表皮のような色、赤味がかった紫に近い、濃い紺色。



紫紺(しこん)
藍染めを濃く染めたときに(染料の性質から)表面が赤色をおびる染料の性質があり、そのいろを紫紺といいます。赤紫がかった藍色。



薄縹色(うすはなだいろ)
淡い縹色。



空色(そらいろ)
晴れた青空の色、明るい青色。天色、真空色ともよばれます。スカイブルーという色がありますが、空色は少し鈍い印象の色です。



瑠璃色(るりいろ)
瑠璃は古来、七宝の1つとされた濃い青色をした宝石で、その色ににていることからこの名がついたようです。濃い青色。



群青(ぐんじょう)
飛鳥時代に中国から渡来した顔料による青色で、赤みの少ない紺色で薄い色を白群(びゃくぐん)、濃い青を群青、さらに(紫がかった)濃い青を紺青(こんじょう)とよびます。
フィード