日本の伝統色・紫

紫は古来、徳をあらわし高貴な色とされていました。その紫は、ムラサキ科の多年生草本、紫草の肥根を染料としたものを紫根染(しこんぞめ)、本紫(ほんむらさき)といい、蘇芳(すおう)などで染めたものを似紫(にせむらさき)といって区別します。


青紫(あおむらさき)
青がかった紫色。



菫色(すみれいろ)
色の名は花の「菫」に由来しています、青みの冴えた紫色。



桔梗(ききょう)
「桔梗」の名は花のそれに由来しています。青みをおびた濃い紫色。



紫苑(しおん)
秋になると美しい薄紫色の花を咲かせる「紫苑」のような色が名の由来で、紫草からとれる染料で何度も繰り返し染められる紫色で、「しおに」ともよばれます。



棟色(おうちいろ)
楝とは栴檀(せんだん)の花の古名で、また栴檀の別名は白檀(びゃくだん)です。その花の色のような青味がかった薄紫色。



藤色(ふじ)
「藤」の花から名の由来がきています、「若紫」ともよばれます。浅い青みがかった紫色。



紫色(むらさきいろ)
紫根(ムラサキの根)で染めた色。



古代紫(こだいむらさき)
今日の紫とくらべると、鈍い調子の紫色といえます、京紫と似ています。くすんで渋みのある紫。



京紫(きょうむらさき)
青みをおびた江戸紫に対して、赤みをおびた紫色。



江戸紫(えどむらさき)
武蔵野産の紫草の根で染めたことから、「江戸紫」とよばれるようです。赤みをおびた京紫に対しての青みをおびた紫色。



二藍(ふたあい)
藍と紅花を重ねて染めた色を「二藍」といい、鈍く深い青みの紫色。


濃色(こいろ)
濃く深みのある紫色。紫根、灰汁、酢を用いて染められた濃い紫色をいい、衣服令の定めでは、臣下最高位の色で禁色とされていました。「こきいろ」ともよばれます。⇔薄色



薄色(うすいろ)
一般に薄色とは淡い色をあらわしますが、伝統色では紫の薄い色として用いられています⇔濃色。



減紫(めっし)
「滅」は、けしとも読むので、この色を「けしむらさき」ともよびます。灰色がかった、暗い紫色。

フィード