日本の伝統色・白・灰・黒

白・灰色・黒系の日本の伝統色をまとめてみました。
白・灰・黒は、無彩色に分類され、着物の分野では冠婚葬祭の「婚と葬」で用いられます。
また灰色(=鼠色)については、「百種類の鼠色」ともいわれるくらい多くの種類があります。この灰色は、日本の伝統色らしく「鼠」と書き「ねず」と読むことが多いようです。


白練(しろねり)
生絹の黄味を消し去る方法を白練りといい、その絹の色。



灰白色(はいはくしょく)
やや灰色がかった白色。



薄墨色(うすずみいろ)
墨を薄く摺ったような灰色。


銀鼠(ぎんねず)
銀鼠色は、錫の色に近いことから「錫色」とも呼ばれ、また江戸中期には、「紺屋伊三郎染見本」にも掲載された色でもあります。白に近い薄い色で、わずかに青みがかった淡い鼠色。



灰汁色(あくいろ)
染色の工程で用いる、灰汁の黄味を含んだ灰色。



深川鼠色(ふかがわねずみ)
淡い藍色に鼠色がかった色で、湊鼠(みなとねずみ)ともよばれます。



素鼠(すねず・すねずみ)
灰色のこと、黒の淡色で鼠色の標準色といわれています。



丼鼠(どぶねずみ)
溝鼠(どぶねずみ)の毛のような、暗い鼠色。



鈍色(にびいろ)
冴えない、鈍い鼠色。「にぶいろ」と読むこともあります。



青鈍(あおにび)
青味がかった、鈍い鼠色。



鉛色(なまりいろ)
金属の鉛の表面が酸化したような色で、やや青みがかった濃い鼠色。



梅鼠(うめねず)
昔は花の赤色を「梅」にたとえたようです、梅鼠は赤みのある明るい鼠色。



茶鼠(ちゃねず)
江戸時代に茶・鼠系の地味な色が大流行し「四十八茶、百鼠」という言葉が生まれ、茶鼠は人気だったようです。茶色がかった鼠色。



利休鼠(りきゅうねず)
利休色(抹茶のような緑)がかった明るい鼠色。粋な江戸人には大変人気があったようです。



藍鼠(あいねず)
青(藍色)がかった暗い鼠色。「灰青色」「青鼠」とよばれることもあります。



錆鼠(さびねず)
錆びた鉄色 、青味がかった暗い鼠色。



葡萄鼠(えびねず)
野葡萄の果実の熟れた色を葡萄色(えびいろ)といいます。葡萄色をおびた鼠色で、「ぶどうねず」ともよばれます。



鳩羽鼠(はとばねず)
鳩の羽のような藤色をおびた灰色。紫がかった暗い鼠色。



濃鼠(こねず)
暗い灰青紫色、暗い鼠色。「こいねず」「こいねずみ」と読むこともあります。



墨色(すみいろ)
書画に用いる墨のような黒色。墨色には、茶みをおびた和墨、青みをおびた唐墨があります。



橡色(つるばみいろ)
どんぐりの古名を橡(つるばみ)といって、橡色はそのカサで染めた色をいいます。黒がかった鼠色。



漆黒(しっこく)
黒漆を塗ったように黒くつやのある黒色。


フィード