羽織のたたみ方

●羽織のたたみ方
羽織は道行コートと違い、通し衿でマチがついています。マチとは前身頃と後ろ身頃の間にある台形の形をした部分をいいます。(下の写真参照)たたみむ時には、それらの点に注意します。また羽織には前下がりがついているので(2の写真にあるように)裾がずれたような形になります。

羽織のマチ ※マチを裏から見たところ
羽織たたみ方1 1.衿を左にして広げます。
衿を縫い目に沿って外側(身頃側)に折ります。
羽織たたみ方2 ※衿は身頃側へ
羽織たたみ方3 2.(あらかじめマチの中心の位置に折り山がついてあるので、それを目安に)マチ幅を半分に折ります。左右の脇の縫い目が重なった状態になります。
羽織たたみ方4 3.下前(右)の衿に上前(左)の衿を重ねます。
羽織たたみ方5 5.上前(左)の脇の縫い目を下前(右)の脇の縫い目に重ねます。(背縫いで折った形になります。)
羽織たたみ方6 6.袖をそれぞれ外側に折ります。
羽織たたみ方7 7.たとう紙に合わせ、必要であれば丈を折ります。

羽織、道行コート、雨コートまでお手頃価格で揃います、京都きもの市場
フィード