宝相華(ほうそうげ)

宝相華は唐草文の一つで、牡丹(ぼたん)や蓮(はす)、柘榴(ざくろ)などの植物を部分的に取りいれ、唐草(からくさ)風に表現し、宝相華という空想上の植物がつくられたそうで、実在する花ではありません。宝相華は吉祥の花、文様として扱われています。唐の時代の中国で考案されたといわれていて、日本では正倉院の宝物の文様に見ることができます。
フィード