元禄(げんろく)模様

元禄模様は、江戸時代中期の元禄期に流行した模様をいい、寛文文様にくらべ個々の模様は小振りですが、大柄な絵模様に優美さが加わり中間色の多い華やかな文様で、また刺繍の糸を厚く用いたりして時代の華やかさを反映しています。格子、石畳、輪違い、鹿(か)の子、鱗(うろこ)つなぎ、槌車(つちぐるま)などがこの時代の代表的な文様です。



フィード