袋名古屋帯と名古屋帯の違い

袋名古屋帯は、たれの部分を折り返し両端をかがり、芯を入れない仕立てをした帯のことをいいます。「て」の部分は着用時に折って結びます。(半分に少しががってある場合もあります)出来上がりの帯幅が、鯨尺で八寸であることから「八寸名古屋」ともよばれます。一方の名古屋帯は、「て」の部分は半分にし芯を入れ仕立てます。芯を入れて仕立てるということは縫い代が必要ですから反物の状態では鯨尺で九寸あり、仕立て上がりがおよそ八寸であることから呉服屋さんなどでは「八寸名古屋」といわれます。(※詳しくは、帯の八寸名古屋、名古屋帯の項目をご覧下さい。)


袋名古屋帯
名古屋帯
別名
八寸名古屋九寸名古屋
帯芯
なしあり
ての部分
縫っていない半分に縫ってある
仕立前の帯幅
八寸九寸
織りの帯染めの帯、織りの帯
フィード