付け下げ模様(つけさげもよう)

着物の模様づけには、絵羽模様、付け下げ模様、着尺模様があります。

・付け下げ模様
付け下げ模様の着物には、付け下げ訪問着や付け下げ小紋などがあります。付け下げは、反物の状態で、着物の各部、身頃、袖、衽、袖、衿などの位置をあらかじめ決めておき、その位置に墨付けしておきます。袖山、肩山を基準に模様が上向きになるよう模様づけした着物をいい、付け下げ模様の着物は絵羽模様の着物、訪問着と小紋の中間にあたる位置づけになります。また付け下げには、絵羽付け下げと着尺付け下げがあります。

・絵羽付け下げ
絵羽つけ下げは、訪問着のように縫い目でできるだけ模様がつながるよう模様づけされ、一見絵羽に見える、絵羽風なので絵羽付け下げといわれます。最近は、訪問着と見分けのつかない技術の高いの付け下げ訪問着などもありますが、付け下げは訪問着と違い、(表地と)共の裾回しではないので仕立てる際には、別に八掛を用意(購入)します。訪問着では大げさと思う席などにも、気軽に着ていくことができとても便利な着物です。

・付け下げ小紋
付け下げ小紋は着尺付け下げともいわれます。一見「小紋」のようにも見えますが、付け下げ小紋の柄は普通の小紋にくらべ柄が大きく、はっきりしたものが多いようです。わざわざ手間をかけ、墨付けをして柄を配置するくらいですから、作り手側のことを考えれば理解できますね。例えばあられや小花柄などの場合、上下は関係ない柄なので、どこが袖や身頃になっても問題ありません。しかし大きな柄や模様が上下逆さまになったり、また袖の途中で柄が切れてしまうと不細工な着物になってしまいますので、あらかじめ墨付けをして柄の位置を決めているのです。

絵羽付け下げ(えばつけさげ)
訪問着のように柄がつながったような模様づけ
着尺付け下げ(きじゃくつけさげ)
着尺模様ではあるが、肩山に向かって上を向いている模様づけ
フィード