沖縄

沖縄 琉球紅型(りゅうきゅうびんがた)
着尺地、羽尺地、帯、風呂敷、袱紗(ふくさ)など
沖縄県那覇市など
沖縄の色鮮やかな糊染め。植物染料として福木、蘇芳、藍、顔料として石黄、緑青、胡粉、墨などが用いられ、藍一色で染めたものを藍型(えーがた)という。
沖縄 琉球絣(りゅうきゅうがすり)
着尺地
沖縄県島尻郡南風原町、那覇市
泥藍染で絣柄の木綿織物。沖縄で織られる木綿絣が本来の意、近年では沖縄で織られる「絣」をさすことが多い。
沖縄 芭蕉布(ばしょうふ)
沖縄県国頭郡大宜味村喜如嘉
(夏物)着尺地、帯地、座布団地、ハンドバッグ、小物など
麻より張りのある、糸芭蕉の繊維からとった糸で織った織物。さらっとした肌触りで通気性がとても良い、夏の高級着尺地。
沖縄 久米島紬(くめじまつむぎ)
沖縄県島尻郡仲里村(久米島)
着尺地
手紡ぎ紬糸を植物染料などで染め、高機で手織りした高級絹織物。縞、絣、格子などの柄がある。
沖縄 八重山上布(やえやまじょうふ)
沖縄県八重山郡竹富町
(夏物)着尺地
ヤマイモ科の紅露(クールー)の根から取れた染料で、手績みの麻糸を摺込捺染し赤色に染め、海水に浸して仕上げるのが特徴。
沖縄 宮古上布(みやこじょうふ)
沖縄県平良市
(夏物)着尺地
手紡ぎの苧麻(ちょま)の細い糸で織った、手織り麻織物。とても軽くてなめらか、光沢があり高級着尺地として知られている。
沖縄 読谷山花織(よみたんざんはなおり)
沖縄県中頭郡読谷村
着尺地
植物染料で染めた木綿糸を用いた、銭花(じんばな)、扇花(おーじばな)、風車(かじまやー)など幾何学模様、縞や格子の綿織物。芭蕉や麻絹などの糸も用いられる。沖縄では「ゆんたんざはなうい」とよばれる。
沖縄
板花手織手巾(いたばなておりさーじ)
沖縄県八重山郡与那国町
手巾(手拭いの一種)
綿、麻、芭蕉などの糸を用い、表裏同じ市松模様の花織の織物。
沖縄 竹富ミンサー(たけとみみんさー)
沖縄県八重山郡竹富町
細帯、帯地、袋物
ミンサーとは細帯の意。幅約8.5センチ、長さ約230センチの帯。組紐の真田紐に似た経畝織の藍染の木綿織物。
沖縄 首里織(しゅりおり)
沖縄県那覇市首里
着尺地
首里織物の総称。絹、綿織物の首里道屯(しゅりろーとん)、琉球絣綿織物の首里手縞(しゅりてじま)、琉球藍で染めた首里生藍染手縞(しゅりなまあいそめてじま)などがある。
沖縄 与那国花織(よなぐにはなおり)
沖縄県八重山郡(与那国島)
着尺地
絹織物、木綿や麻の織物もある
フィード