絵羽模様(えばもよう)

着物の模様づけには、絵羽模様、付け下げ模様、着尺模様があります。

・絵羽模様
絵羽模様とは、格の高い、着物の模様つけのひとつです。絵羽模様の着物には、留袖、振袖、色留袖、訪問着など、またその他に絵羽羽織(えばばおり)、絵羽浴衣(えばゆかた)などがあります。通常の着物の模様付けは反物の状態で行いますが、絵羽模様の場合、模様づけする前に模様が縫い目で切れないように白生地を裁断、着物の形に仮仕立て(仮縫い)をします。この仮縫いのことを仮絵羽、絵羽縫い、羽縫いなどといいます。染色や刺繍などの加工をする時は、この仮仕立てを解きそれらの加工をし、再び仮絵羽の状態にして販売されます。絵羽模様は格の高い着物(礼装および盛装)に多く用いられます。また絵羽模様には、模様の配置によって総模様(左図)、裾模様、肩裾模様などがあります。

・総模様
総模様は、一枚の絵画のように着物全体に模様があるものをいいます。振袖や花嫁衣裳の打掛などがこれにあたります。模様が全体にあるのでとても豪華で華やかな着物です。

・肩裾模様
肩裾模様は肩と裾に模様があるものをいいますが、中には後ろ姿では背中から袖、上前から後ろ身頃、下前にかけて、前は衿から胸、胸から袖と豪華なものもあり、肩裾模様の着物には訪問着があります。

・裾模様
裾模様とは、着物の裾の部分に模様があるものをいい、裾模様の着物には留袖、色留袖があります。留袖は既婚者の着物であることから、年齢によって七寸模様、五寸模様、三寸模様など裾からの模様の高さによって選び、年配者ほど柄の位置が低いものを用います。近年一般的に、「裾模様」や「江戸褄」というと「留袖」をさすことが多いようです。

総模様(そうもよう)
着物全体に模様
花嫁衣裳の打掛、振袖
肩裾模様(かたすそもよう)
肩と裾に模様
中には肩から裾を起点に柄が広がった豪華なものもあります。
訪問着
裾模様(すそもよう)
着物の裾の部分に模様
留袖、色留袖
フィード