すくい

すくいは、木製の舟形をした織機用具の杼(ひ)に緯(よこ)糸を通して、経糸をすくいながら下絵の模様に織っていく技法で、綴織に近いものです。とても細かな作業で、根気がいる仕事だそうです。表と裏はありますが、両面使うことができます。多くのすくいの帯は紬糸で織られた、しゃれ帯です。
フィード