箔使い

●箔使い
丸帯、袋帯、名古屋帯などの帯に、金箔や銀箔などを細く切り糸状にしたものを、芯糸に巻きつけて撚り、竹のへらの先に引っ掛け、一本一本、模様になるよう織り込んでいきます。色糸と金箔で模様を織り出した、箔一丁も光沢が素晴らしい帯で、豪華なプラチナ箔のものや喪の帯などもあります。
フィード