綴織

綴織(つづれおり)は、綴錦(つづれにしき)ともよばれ、一般に経糸に麻や木綿などの丈夫な糸を用い、緯糸に色糸を使い、この色糸だけで模様を織り出します。その際爪先をくし代わりにするので、爪をくしの歯のようにし、糸を手前にかき寄せ模様を織り上げていきます。その作業は熟練した人でも一日数センチといいますから、大変な作業です。織り上がった時には、経糸は見えません。
綴れは、機械織と区別するため手織りの綴れは本綴とよばれます。絽綴は夏物の帯です。
フィード