唐織

唐織は錦の一種で、中国(=唐)の技法を取り入れ西陣で織りはじめられたところからその名がついたようです。綾織地の上にさまざまな色糸を縫い取りで柄を織り出していき、刺繍と同じ構成のため繍(ぬいとり)織ともいわれます。特徴としては、帯の表側は模様になっている部分の緯糸以外は見えず、模様以外の緯糸はすべて裏側に通しています。丸帯、袋帯、能装束の衣装などに用いられます。とても豪華で高価な織物です。

フィード