錦とは、いろいろな色糸を何色も使って模様を織り出した織物のことをいいます。技法上では、経(たていと)糸で模様を出す経錦(たてにしき)と緯糸(よこいと)で模様を出す緯錦(ぬきにしき)に分けられます。錦の歴史は古く、緯錦の法隆寺裂(ほうりゅうじぎれ)や正倉院裂などが残っています。また有栖川錦や蜀江(しょっこう)錦などの名物裂もあります。

現在錦というと糸錦をさしていて、多くは京都西陣で生産されています。錦地の帯には豪華な振袖用の袋帯、礼装用の高級袋帯などがあります。また帯地以外にも袋物、法衣地、人形衣装、舞台衣装、表具地などさまざまなところで用いられています。

フィード