帯の模様付けの種類

帯は着物と違って脇役的なイメージがありますが、着物と同じくそれぞれに格があるので合わせる帯によって装いの格が上がったり下がったりします。また派手な着物に落ち着いた帯を合わせることで長く着れることができたり、反対に地味な着物に派手な帯を合わせるだけで印象が違ったものになり帯はとても重要な位置づけにあります。

帯にはさまざまな種類がありますが、その帯の模様付けにも種類があります。お太鼓柄(おたいこがら)、全通(ぜんつう、ぜんとおし)、六通(ろくつう)、四通(よんつう)があります。四通は最近ではあまり見かけません。

お太鼓
て先
袋帯
(六通柄)
しゃれ袋
(お太鼓柄)
名古屋帯
(全通し柄)
名古屋帯
(六通柄)
名古屋帯
(お太鼓柄)

・全体に柄がある帯

・全通し柄
全通はぜんつう、ぜんとおしとよばれ帯全体に模様があり、通し模様、総柄ともいいます。見えない部分にまで柄付けされているのでその分厚みがあります。帯の柄付けでは一番格が高くなります。花嫁衣裳などに用いられる丸帯、織りの帯などが全通し柄の帯になります。

・部分的に柄がある帯

・お太鼓柄
お太鼓柄はその名の通り、帯のお太鼓の部分と胴の前になる部分(お腹の部分)にだけ模様があるものをさし、ポイント柄、飛び柄があります。

・六通
全体の6割に模様があるものを六通とよびます。

・四通
全体の4割に模様があるものを四通とよびます。

フィード