帯の産地

●博多(福岡)
九州の福岡県博多は帯の産地として博多織(図左)が有名です。男帯である角帯の博多献上、女帯では単帯、献上博多帯があります。仏具の一種である独鈷(とっこ)が並んだ、独鈷模様が特徴です。着付け小物の伊達締めなどにも用いられています。博多では袋名古屋帯も生産されています。

●西陣(京都)
京都の西陣は帯の生産量が一番多く、帯の大半は西陣のものともいわれています。礼装用の金糸、銀糸を用いた豪華な袋帯をはじめとし、名古屋帯などさまざまな帯が生産されています。高級品とされる手機(てばた)の帯も多く生産されています。

●桐生(群馬)
群馬の桐生では機械織で2種以上の糸を織り交ぜた織り方、交織帯(こうしょくおり)で名古屋帯の全通、六通の生産が多いのが特徴となっています。


スポンサードリンク

フィード