昼夜帯(ちゅうやおび)

昼夜帯とは、表と裏に違う布を用い、縫い合わせ仕立てられた帯のことで昔、黒ビロードに白繻子を用いて仕立て、白黒の色から鯨帯(くじらおび)、腹合わせ帯ともいわれます。白黒以外に無地の濃淡、表地に染めを使ったものなどさまざまです。表裏別の布を用いているのでどちらも使え、そのことから片側帯、両面帯、裏付帯といういわれ方もします。洋風にいうとリバーシブルの帯ということになります。

帯の格略式の帯
着物普段着(小紋、紬)、ウールの着物
帯幅約30センチ(八寸)
帯の長さ4メートル
鯨帯、腹合わせ帯、片側帯、両面帯、裏付帯といわれる
リバーシブルなので両面使える
フィード