夏帯(なつおび)

夏帯は、6月から9月までの単衣仕立ての着物を着る時期に用いられます。絽(ろ)、紗(しゃ)は礼装用に、羅(ら)、紗(しゃ)、絽(ろ)、麻(あさ)は礼装以外の外出着に締めます。うすものの帯で透ける場合は、帯芯をいれ仕立てますが、単衣帯の綴帯(つづれおび)、献上博多帯などは織りの帯なので帯芯を入れずに端だけかがり仕立てます。綴帯は夏だけでなく四季を通じて、博多帯の単衣は盛夏以外の3シーズン用いることができます。また献上博多帯には盛夏用もあります。半幅に織られた浴衣帯もあります。袋帯は着付けの時、二重太鼓に、名古屋帯は一重のお太鼓にします。

帯の格正礼装、準礼装
夏帯の種類袋帯、名古屋帯、単帯、浴衣帯
着物絽や紗の袋帯
 絽、紗、麻、夏大島の着物
羅や夏素材の名古屋帯
 綴帯は四季を通じて、献上博多帯は3シーズン使え、盛夏用もある
帯幅織帯は織り幅いっぱい
帯の長さ4メートル前後
フィード