単帯(ひとえおび)

単帯は、裏がついていない帯で一枚織りの帯で、(献上)博多帯(図左)が有名です。帯幅に織り上げているので「て」の端の部分と「たれ」の端の部分だけ始末する仕立てをします。例外としてうすものの帯で透ける場合は、帯芯をいれ仕立てます。主に夏帯として用いられ、絽(ろ)、紗(しゃ)は礼装用に、羅(ら)、紗(しゃ)、絽(ろ)、麻(あさ)は礼装以外の外出着に用いられます。単帯には、綴帯というものがありますが、こちらは夏だけでなく四季を通じて用いることができます。単帯は着付けの時、一重のお太鼓をします。

帯の格礼装用、略式用の帯
着物夏帯として用いられるものが多い
帯の種類全通
帯幅織帯は織り幅いっぱい
帯の長さ4メートル前後
博多帯、綴帯などがある
フィード