八寸名古屋帯(はっすんなごやおび)

八寸名古屋帯は、帯幅が8寸(約30センチ)あるので八寸や八寸名古屋とよばれます。八寸名古屋帯は、袋帯の仕立て易さと名古屋帯の軽さ、両方の帯の長所をいかしてできたといわれています。ですから見た目は袋帯のようです。また八寸名古屋帯の多くが織帯で、たれの部分は折り返した部分と手先だけをかがり、帯芯を入れずに仕立てます。このようにかがって仕立てることからかがり名古屋帯ともよばれます。八寸名古屋帯は小紋や紬の着物に用いられ、着付けの際はての部分を半分に折って胴に巻き、一重のお太鼓に結びます。

帯の格略式の帯
着物小紋や紬の着物
帯の種類全通、六通
帯幅約30センチ(8寸)
帯の長さ約3.6メートル
袋帯と名古屋帯の長所をとった名古屋帯
袋名古屋、かがり名古屋、新名古屋などともよばれる
フィード