名古屋帯(なごやおび)

名古屋帯は九寸や九寸名古屋(きゅうすんなごや)ともよばれ、呉服屋さんでは着物の反物のように巻かれた状態で売られています。仕立てをする前の帯幅が九寸(約34センチ)であることからそうよばれます。名古屋帯は、たれの部分に帯芯を入れ好みの幅に、胴に巻く”て”の部分にも帯芯をいれ、こちらは帯幅を半分にし仕立てます。着付けの際は一重のお太鼓にして結びます。
名古屋帯には、染め名古屋と織り名古屋があります。織り名古屋の中には金糸、銀糸を用いた格調高い文様のものもあり、訪問着や色無地などに用いることができるものもありますが、礼装ではなく略式の扱いとなります。塩瀬(しおぜ)、縮緬(ちりめん)、綸子(りんず)、紬地の生地に染めの技法で柄をつけた染め名古屋はしゃれ帯として、小紋や紬などの着物に用いられます。また刺繍や箔に技法を用いた名古屋帯もあり、こちらは染め名古屋より格が上とされています。名古屋帯はこのように材質、染め、織りなどさまざまなものがあり、軽く扱いやすいことから多く用いられています。

帯の格略式の帯
着物(帯に応じて)礼装から晴着、普段着まで
帯の種類全通、六通
帯幅仕立て前の寸法約34センチ(9寸)を好みの帯幅に
帯の長さ約3.6メートル
名古屋帯には、染帯と織帯がある
九寸名古屋(帯)ともよばれる
フィード