袋帯(ふくろおび)

袋帯は礼装用の帯として、留袖や振袖などの着物などに多く用いられています。以前は丸帯が多く用いられていましたが、経済面や扱いやすさなどから現在では、礼装用の帯のほとんどは袋帯になっています。表の部分にのみ柄があり、扱いやすさから芯を入れずに仕立てることが多いようです。着付けの際は二重太鼓にします。本袋帯といってはじめから袋状に織られたものと、表地と裏地を別に織り幅の両耳を縫い合わせたものがありますが、後者が多くみられます。また袋帯でしゃれ袋という袋帯もあります。

帯の格礼装の帯
着物正礼装の着物(留袖、振袖など)
準礼装の着物(訪問着、付け下げなど)
帯の種類全通、六通
帯幅約30センチ(8寸)
帯の長さ4メートル前後
フィード