夏素材の着物

夏の着物は、着手はもちろんのこと見た目にも涼しくありたいものです。


暑い夏に涼しく肌触りの良い麻をはじめとして、絹や紬でも織りかたを工夫し、夏向きにした着物地がたくさんあります。


▼絽(ろ)



夏の生地としてもっとも人気のある絽。

長襦袢をはじめとして、留袖、訪問着、付け下げから、喪服や色無地、小紋など幅広く用いられています。和装小物の帯揚げにも見かけることができます。

絽は、平織りにすきまをつくった、もじり織りの一種です。薄地で軽量、すきまが多く通気性が良い生地で、絽目の通っている方向によって経絽(たてろ)と緯絽(よころ)とよばれることがあります。


▼紗(しゃ)



経(たて)緯(よこ)がシンプルに交差したもじり織りです。

少々乱暴ですが、わかりやすく表現すると網の目のような織です。

地模様を織った紋紗(もんしゃ)、二重織りの風通紗(ふうつうしゃ)、節があり紬風の粋紗(きっしゃ)などの種類があります。


▼羅(ら)


羅は、紗を複雑にしたもじり織りです。見た目でも涼しさを感じることのできる織物です。

紗をさらに目を荒くしたような織物で、ざっくりした見た目で手編みのような風合いがします。

羅の用途は着物地でなく、帯やコート地などに用いられます。
 


▼縮(ちぢみ)



縮は、麻糸に強い撚(よ)りをかけて織物にし、その後湯もみをすると、シワのようなしぼが布表面に表れる織物を麻縮といいます。

新潟県の越後縮(えちごちぢみ)、小千谷縮(おじやちぢみ)、石川県の能登縮(のとちぢみ)などの産地があります。

また縮は、しじらともよばれます。


▼上布(じょうふ)



上布は、新潟県の越後上布、石川県の能登上布、滋賀県の近江上布、沖縄県の宮古上布などの産地があります。

細い麻糸で織られた上質の麻織物で、着物通には高級品として知られています。


フィード