木綿の着物


木綿の着物はかつて日常着、仕事着とされましたが、最近では街着やおしゃれ着として着用されます。


紬よりざっくりした風合いは民芸的な雰囲気で、福岡県の久留米絣(くるめがすり)、鳥取県の弓ケ浜絣(ゆみがはまがすり)、岡山県の作州絣(さくしゅうがすり)、愛媛県の伊予絣(いよがすり)などが有名で、藍染めに白の絣がとても魅力的な着物です。


現在では、木綿といっても浴衣と違い、なかなか手の出せないくらいとても高価な着尺地となっているものもあります。


木綿の着物ですが、胴裏は絹の着物と同じように羽二重(絹)、八掛には紬(絹)を用い仕立てます。帯は紬地、染帯、袋名古屋などをあわせ着用します。

フィード