浴衣



浴衣(ゆかた)は、単衣仕立ての麻の着物を入浴時に着用したとされる湯帷子(ゆかたびら)が由来とされており、その後湯上りのくつろぎ着となり、現在の浴衣になったといわれています。


浴衣は、中型の型紙を用いて藍染めしたことから別名、「中型」ともよばれます。


最近では、天然素材を用いた従来からある藍染めだけでなく、化学染料を用いた鮮やかでカラフルな浴衣も多く見られます。


浴衣は、汗取りとして肌襦袢、裾除けをつけ着用し、足元は裸足に下駄を履きます。


家庭のくつろぎ着、夏祭りや縁日に出かける際に着用します。浴衣は木綿ということもあって、扱いやすく価格も安価なので着物を着るきっかけともなるかたも多いようです。


帯は半幅帯が多く用いられますが、夏物の博多帯をすることにより着物に近い印象になります。しかし外出用の着物ではありませんのでその点ご注意ください。

フィード