化繊の着物



近年では化学繊維の技術が進み、着物の生地としてもそれらが多く用いられるようになり、ニューキモノなどとよばれています。


着物や帯の多くは絹でできているため取り扱いやお手入れから敬遠される若い方も多いようです。

しかし化繊の着物や帯の登場で扱いは簡単になり、家庭の洗濯機で丸洗いができたり、雨の日も心配なく着れることから着物初心者である若い方はもちろんのこと、年配のファンも多いようです。


その上、なによりも価格が安価なことが魅力で、大いに着物を楽しむことができます。



注意点は、化繊ですので熱に弱いということです。タバコの火はもちろんですが、不必要な折しわ等をいれないようにし、アイロンをする場合は低温で必ず当て布をし、細心の注意をはらって行うようにして下さい。


また化繊ということで、通気性はあまりよくありません。


暑がりの方や夏物については、着物か帯のどちらか、また一部に化繊を取り入れるのが涼しく過ごせるポイントではないかと思います。


冬場でも全身を化繊ばかりでまとめると静電気などで困ることがあります。


しかし長襦袢は、正装以外は化繊がお値段、お手入れからもおすすめで、最近ではステキな柄のものも多く販売されています。


着付け用、雨の日用として用意する、着物をたくさんほしい、絹では買えないような着物を選べるなど化繊の着物はメリットがたくさんあります。

フィード