付下げ小紋・着尺付下げ



付け下げ小紋は、着尺付下げともよばれます。


小紋は、反物全体に端から端まで模様が繰り返しつけられていますが、付下げ小紋は反物の状態で模様が袖山、肩山に向かって上向きになるように染め分け模様付けされたものをよびます。(画像中央部で柄行が対照になっているのがご理解いただけます)


小紋と比べ、加工の手間がかかるのでその分、高価になっています。


小紋より比較的大きな柄のものが多く、小紋よりは格は上の晴着の着物として用います。


付下げ小紋は、小紋と同じく友禅をはじめとして、更紗(さらさ)、ろうけつ染め、紅型(びんがた)、絞りなどさまざまな染めの技法を用いて染められています。


小紋より格が上なので着物に合った帯、袋名古屋帯などがよいでしょう。

フィード