小紋


小紋とは一反の反物全体に端から端まで模様が繰り返しつけられたもので、着尺ともいわれます。


友禅をはじめとして、更紗(さらさ)、ろうけつ染め、紅型(びんがた)、絞りなどさまざまな染めの技法をつかって染められた着物があります。


織りの帯をして外出着としてまた旅行や同窓会など幅広く着用でき便利です。

フィード