色無地・江戸小紋



色無地・江戸小紋の着物は、紋の有無、合わせる帯によりさまざまな格になり、またそれによって用途が違ってくる着物です。


格のある地紋や地の柄が細かなものなら3つ紋をつけ、袋帯を合わせると準礼装に、1つ紋をつけ、袋帯をすると略礼装、紋をつけず名古屋帯をすると外出着になります。


また地色を藍、ねずみ色、緑、水色、紫などにし1つ紋を入れておくと、慶弔両用に使えるので、半喪服として法事などにも着用できとても便利です。


しかし喪の用途も考える場合は、地色だけでなく地模様にはおめでたい柄は避けなければいけません。

フィード