訪問着


訪問着は、ミス、ミセスの区別なく着用できる着物です。


縫い目で柄が切れないように絵羽付けされ、また肩裾模様といって裾から後ろ身頃、肩から背中、袖に柄つけされた着物です。


呉服屋さんやデパートでは、反物でなく仮絵羽といって、着物の形にして飾ってあったり、畳んだりしてあります。


3つ紋、1つ紋をつけ準礼装の着物として着用します。色留袖や振袖に次ぐ正装の着物です。


また最近では、付下げ訪問着という着物があります。これは訪問着に似た柄づけを反物の状態で施したものです。技術の進歩により、出来上がりは訪問着と差がないものもあります。反物の状態で販売されているのが特徴です。

フィード