色留袖


色留袖は、江戸褄(えどづま)とよばれる裾模様の着物で、ミセスの礼装として格調高いものです。


格式高い柄ゆきのものが選び、染め抜き日向5つ紋をつけ、比翼仕立てをすると黒留袖と同格になり、正礼装の装いとなり、比翼仕立てをせず、3つ紋、1つ紋にすると準礼装の装いになります。


結婚式などに招待客として多く出席する方、パーティーなどの機会が多い方などにはとても重宝する着物です。また改まったお茶会などにも最適です。


裾模様の着物なので座っていると紋付の色無地にも見えます。


そのため色留袖は特に年齢、TPOにあったものを選ぶようにし、若いミセスは柄の位置が高いもので華やかなもの、柄、色目が控えめなものは年配のミセスにおすすめです。地色は赤系などの派手なものはなく、着物の目的から淡い色目で控えめな柄ゆきのものが多く、需要が少ないためか高価な着物となっています。

フィード