本振袖


本振袖には、黒振袖と色振袖がありますが最近では色振袖が多いようです。


格調高い柄ゆきで、絵羽模様の着物で結婚式や披露宴での花嫁の衣装として、また正式な儀式で着用するので5つ紋付で下襲をし、丸帯を用いられていました。


最近では紋を省略、比翼仕立てにし、袋帯を用いることが多いようです。


帯は変わり結びをして、総絞りの帯揚げで入の字(いりのじ)にするなどして着物を飾ります。

フィード