黒留袖



黒留袖は既婚者(ミセス)の正礼装で染め抜き日向5つ紋をつけ、下襲もしくは比翼仕立てにします。最近では、費用面、着装しやすさの点などからほとんどが比翼仕立てになっています。


結婚式に出席する際、花嫁、花婿の母親はもちろんのこと、家族や親族、仲人夫人が着用します。黒留袖は裾模様といって裾から後ろ身頃にかけての模様が特徴となっています。


ひとことで黒留袖といっても若いミセスと年配のミセスでは選ぶ柄ゆきが違ってきますので、年代に合ったものを着用したいものです。


一枚目の黒留袖は結婚の支度の時に作る場合が多くその場合は、柄が高い位置、帯のあたりまであるもので色使いも派手なもの、また長身の方なら大柄でダイナミックなものも着こなせます。


はじめから長く着ることを考え、黒留袖を選ぶとせっかくの若いミセスが寂しい印象になりますのでご注意を。また歳を重ね中年になると、柄の位置も低く、色使いも控えめなものが似合うようになってきます。


着物が年齢の割りに派手に感じる場合は、袋帯の柄におとなしいものを選ぶとしっとりと着こなせます。本来は着物の格から丸帯をしていましたが、最近ではほとんどの場合、袋帯を用いるようです。


本来、黒留袖にも袷、単衣、うすものの更衣(ころもがえ)がありますが、昔と違い冷房も完備されているので夏場でもとりきめをして袷を着用することが多く、それらのことから貸衣装店でも取扱いが少ないようです。


▼黒留袖
ミセスの正礼装
染め抜き5つ紋、比翼仕立て
花嫁・花婿の母親、家族、親族、仲人夫人
最近では、夏場でも袷を着用することが多い


フィード