振袖


未婚女性の準礼装である振袖ですが、袖の長さにより呼び名が異なります。


袖がくるぶしまである大振袖は3尺(約120センチ)、袖がふくらはぎあたりまである中振袖は2尺6寸(約100センチ)から2尺8寸(約107センチ)、袖がひざ頭まである小振袖は1尺5寸(約60センチ)から2尺(約80センチ)の3種類があります。


袖の長いものが格が高いとされています。また、小振袖は晴着の扱いとなり最近では見かけなくなっています。


振袖には、本振袖というものがありますがこちらは正礼装となり花嫁衣裳、結婚式のお色直しや格式高い行事などの際に着用されます。そのことからも吉祥文様で豪華な柄ゆきのものが多くなっています。5つ紋付の下襲がついたものが本式とされますが、最近では紋を省略し、下襲を用いる場合でも比翼仕立てが多いようです。


・本振袖と振袖

本振袖・・・正礼装(下襲あり)

振袖・・・・・準礼装(下襲なし)

・振袖の格の違い
大振袖 > 中振袖 > 小振袖


・振袖の袖の長さ(袖丈)
大振袖・・・3尺(約120センチ)
中振袖・・・2尺6寸~2尺8寸(約100センチ~約107センチ)
小振袖・・・1尺5寸~2尺(約60センチ~約80センチ)


最近では、普通の着物でもたくさん誂える方も少なく、まして振袖は1枚の方がほとんど。そこで振袖の袖の長さは、格よりも着る人の体型に合わせ、背の高い方は着物が負けないように大振袖、逆に背の低い方、大振袖は扱いにくい(動きにくい)という方、控えめなものにしたいという方などは中振袖という風に目的に応じ、袖丈を調整することが多いようです。振袖は何度と作るものではありませんのでゆっくり考え、ステキな振袖を作ってください。

フィード